イベントスケジュール

Descarga Tropical con Rickard Masip

2019年7月6日

Descarga Tropical con Rickard Masip

【SOUL BONANZA presenta DESCARGA TROPICAL con RICKARD MASIP】

DJ、レコード・ディガー、プロデューサー、コンパイラー、パーティー・オーガナイザーとしてトロピカル・ミュージック・リバイバルを牽引してきたリカルド・マシップがストックホルムから今年もやってきます。
『TOKYO SABROSO』(2017)、『HURACAN TOKIO con FRENTE CUMBIERO y RICKARD MASIP』(2018)に続き三度目の来日となる今回は、計4カ所のミュージック・バーを巡って東京を縦断するDJセッション・ツアー。
世界最高峰のトロピカル・ミュージック・パーティー『SOFRITO』(ロンドン)の常連DJとして1000人以上のクラウドを熱狂させる一方で、リカルド・マシップ自身は小さなヴェニューで行うDJが大好き。アフロ、ラテン、カリビアン・ミュージックは実は一本の樹、しかしその花は千姿万態、実は多種多様の不思議。そんなトロピカル・ミュージックのグルーヴの醍醐味を、より自由に、より冒険的に、より親密にフロアとシェアして楽しむことができるからだとリカルドは言います。
舞台となるヴェニューは、東は人形町の元OM CHAN TONE、西は久米川FOGGY、そして高円寺SUBSTORE、新宿カブキラウンジと、各エリアのカラーを濃密に感じることができる名物バーばかり。
リカルド・マシップも大ファン、7インチ『Blue Bolero』のリリースでますます勢いに乗るエキゾチコ・デ・ラゴ、クレオール・ミュージックの本質を知る男ワダ・マンボのカリプソ・セットのライヴもあり。
「小バコ=まったり」なんてとんでもねえ。トロピカル・ミュージックは、生き延びるために踊ること、歌うことを必要とした人々の音楽。リカルドのよりエッセンシャルでディープなセレクションと各ヴェニューで待ち受けるカリエンテなディガー+ミュージシャンたちとのデスカルガ・トロピカルを気持ちよくカラダを揺らして楽しみましょう!

■ 7月5日(金)

Music Salon Foggy (久米川)
22:00 – 05:00
adm : ¥1500 + 1 drink
Live : Exotico De Lago
MC : Daddy Kan(Amigo Gunshot)
DJ :
Rickard Masip(Soundway / Sofrito)
Kunio Kishi(Tokyo Sabroso)
ピーチ岩崎(M.P.C.)
Hide Morimoto(Soul Bonanza)

Comments are closed.